前へ
次へ

理想と現実の肌の色の違いを埋める

口では「素肌っぽく仕上げたい」と言いながらも、素肌に自信がないがゆえに、ベースメイクではカバー力を求めるしか方法はありません。
自然な肌色を選んでいるはずなのに、実際は理想とする肌色(ワントーン)明るい色のファンデーションを選んでいる人も多いようです。
素肌を求めて薄膜に仕上げると、やぱり欠点の目立つ肌に仕上がってしまいます。
かと言って、カバー力だけを求めれば、当然ながら厚ぼったさだけが目立ってしまうのです。
多機能ファンデーションのなかでも、諭吉ファンデーションならばキレイにカバーして素肌っぽく仕上がるでしょうが、なかなか美容にかけられる予算には限りもあります。
しかし、それだけの価値はあるのです。
ファンデーションとしての主張となる化粧感がないのに、巧みなカバー力で美肌づくりの仕事はきっちりこなすファンデーションなのです。
カバーすればするだけ逆に目立つ「毛穴」などの肌の凹凸も、まるで極薄ストッキングをまとったような素肌っぽい仕上がりに、いうならばなりたい肌そのものになります。

Page Top